吉田への影響は…今季8位のサウサンプトン、ピュエル監督との契約解除

吉田への影響は…今季8位のサウサンプトン、ピュエル監督との契約解除

サウサンプトンがピュエル監督(右)との契約解除を発表した [写真]=Getty Images for DAZN

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは14日、クロード・ピュエル監督との契約を解除すると発表した。

 ピュエル監督は現在55歳。モナコやリール、リヨン、ニースでの指揮を歴任し、今シーズンからサウサンプトンを率いていた。初挑戦のプレミアリーグでは12勝10分け16敗、勝ち点「46」で8位フィニッシュ。昨シーズンより2つ順位を落とし、欧州カップ戦出場権を逃した。フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)では決勝進出を果たしたものの、マンチェスター・Uに敗れてタイトル獲得はならなかった。

 サウサンプトンは後任について、現在検討中としている。クラブの長期的展望に沿う監督を招へいする意向を示している。

 サウサンプトンを去ることとなったピュエル監督は、シーズン後半戦で吉田を主力メンバーとして起用。同選手はプレミアリーグ第19節以降は全試合に出場し、全38試合中23試合出場1ゴールを記録している。

関連記事(外部サイト)