【川崎vs広島プレビュー】攻撃の幅が広がりつつある川崎…広島は宮吉拓実ら若手選手が好調

【川崎vs広島プレビュー】攻撃の幅が広がりつつある川崎…広島は宮吉拓実ら若手選手が好調

川崎は負傷離脱していたMF大島僚太が復帰予定。 彼がボランチに、中村憲剛がトップ下に入る布陣が濃厚だ [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

■川崎フロンターレ 今季初先発が予想されるエウシーニョに注目

【プラス材料】
 このインターバルを経て、大島僚太やエウシーニョといった主力級が戻ってきたのは、明るい材料と言える。

 注目したいのは、やはり今季初先発が予想されるエウシーニョだろう。開幕前に右けい骨骨折で長期離脱し、ようやく戦列に戻ってきた。右サイドからの神出鬼没な動き出しによる「大外からエウソン」は健在で、横浜FMと行った練習試合でも攻撃参加から得点を記録。右サイドバックで起用されている左利きの登里享平も含めて、今節の広島戦は右サイドエリアからの攻撃に注目したい。

 エウシーニョを2列目で配置することで、小林悠を左サイドで起用する形も生まれている。攻撃にバリエーションが増えつつあるのはプラス材料だ。

【マイナス材料】
 リーグ前節は横浜FMの守備ブロックを崩せず無得点。0−2で敗れた。チームとしての緻密な崩しに課題を残したインターバルだったとも言える。

 もちろん、選手たちはそこをよく理解している。「突き詰めるところは変わらない。相手は使われたくない場所を閉めてくる。閉められているからボールを入れない、人が入らないじゃなくて、そこにボールを入れるという作業をしていかないと相手は崩せない」と中村憲剛。大島僚太が復帰し、中村がトップ下に入ったことで、中央での縦関係での崩しにも緻密さが戻ってきた。

 下位に低迷している広島とはいえ、3−4−2−1の守備ブロックは堅く、前節の課題克服にはもってこいの相手でもある。上位戦線に生き残るためには、ホームでの勝ち点3が必須となる。

文:いしかわごう

■サンフレッチェ広島 若手は「戦力としても十分に考えられる」

【プラス材料】
 先週末に行われたサテライトリーグの清水戦で、鄭大世やチアゴ・アウベスらほぼ主力を揃えた清水に対し、広島の若手組が奮闘。1−2で敗れたものの、シュート数やチャンスの数では上回り、勝利してもおかしくない内容だった。

 森保一監督も若者たちの力を高く評価。「自信をつけているし、戦力としても十分に考えられる」と積極的に起用することを明言。トレーニングの紅白戦でも森島司や宮吉拓実らを主力組に抜てきし、彼らを起用するための形を模索した。

 実際、若者たちが主力組に入ると動きが活性化し、運動量も増えた。木曜日の紅白戦では、若者中心のチームが主力組を押し込み、チャンスをつくり続けている。負傷していた森ア和幸もトレーニングに復帰し、「まだ60%の状態」と言いつつ、さすがのプレーを見せつけている。
 
【マイナス材料】
 若手組が練習で躍動している一方、主力組の低迷は回復を迎えていない。トレーニングマッチでも大阪産業大を相手に3−0で勝利するも、内容は低調。後半、セットプレーで先制するまでは失点してもおかしくない不安定さだった。その後もトレーニングで特に攻撃面では劇的な改善は見られない。

 塩谷司の移籍もあり守備陣の選手層に不安もあるが、それよりも攻撃の手詰まり感が改善されないことが気掛かりだ。ビルドアップでのミスも多く、安定した攻守が展開できないことも不安は大きい。

 川崎と戦う以前に、自分たちの停滞感とどう向き合うかが課題。主力組で先発起用予定だった森島司が練習中に足を傷めた(現在は回復)ことにより、90分のプレーに不安が出てきたことも、不安要素の一つである。
 
文:紫熊倶楽部 中野和也

関連記事(外部サイト)