スカパー!がブンデスリーガ独占放送権を獲得…2018−19シーズンから放送

スカパー!がブンデスリーガ独占放送権を獲得…2018−19シーズンから放送

ブンデスリーガ5連覇を達成したバイエルン [写真]=スカパー!

 スカパーJSAT 株式会社は16日、ブンデスリーガの2018−19シーズン以降、2シーズンの独占放送権・配信権(地上波を除く)を獲得したことを発表した。

 2016−17シーズンはバイエルンの5連覇で幕を閉じたブンデスリーガ。バイエルンやドルトムントなど、ヨーロッパでも有数の強豪クラブを含む18クラブで構成され、日本人選手も多数在籍している。また、熱狂的なサポーターがいることでも有名。2017年5月時点では、観客動員数世界第1位のプロサッカーリーグとなっている。

 今回、スカパーJSAT 株式会社が獲得した独占放送権・配信権には「全試合(9試合×34節)」のほか、プレビュー番組やハイライト番組、ブンデスリーガ優勝チームとDFBポカール(ドイツ杯)優勝チームが対戦する「DFLスーパーカップ(ドイツ・スーパーカップ)」、ブンデスリーガとブンデスリーガ2の「入れ替え戦」が含まれる。ブンデスリーガの魅力をあますことなく、テレビの大画面はもちろん、スマートフォンやタブレットなどモバイル端末でも楽しめるようになる。

 また2017−18シーズンは、チャンピオンズリーグもグループステージから決勝まで、全125試合を生中継。その他、ヨーロッパリーグ、セリエA、2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州最終予選、各リーグハイライト番組などの放送も予定されている。

関連記事(外部サイト)