広島MF茶島雄介、第一子が誕生したことを発表…山口県内の病院内で

広島MF茶島雄介、第一子が誕生したことを発表…山口県内の病院内で

今季4試合に出場している茶島(左) [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 サンフレッチェ広島は16日、MF茶島雄介に第一子となる男児が誕生したと発表した。

 茶島の第一子は、16日に山口県内の病院で誕生した。体重は2975gと発表されてる。

 茶島は1991年生まれの25歳。サンフレッチェ広島ユースから東京学芸大学へ進学。2014年に広島へ加入した。今季から昨季引退した森崎浩司氏の背番号7を継承している。今季は明治安田生命J1リーグ第14節終了時点で4試合に出場している。

関連記事(外部サイト)