浅野拓磨が高校生たちへ熱いメッセージ!「努力は自分の財産になる」

浅野拓磨が高校生たちへ熱いメッセージ!「努力は自分の財産になる」

浅野の代名詞“ジャガーポーズ”で記念撮影 [写真]=明治

 JYD SPECIAL SESSION presented by VAAMが16日に国士舘高校にて行われ、日本代表FW浅野拓磨がイベントに登場した。

 第1部では国士舘高サッカー部とトレーニングを実施。練習はボールを使ったウォーミングアップからスタートし、シュート練習や3対3では練習に加わり、持ち味のスピードで高校生たちを驚かせた。また、自らマイクを持ち、シュートや裏へ抜け出すコツを指導する場面も。

 浅野は「常に試合の意識を持って練習すること」、「失敗を恐れず、積極的にチャレンジすること」を高校生たちに強調した。約1時間の練習もあっという間に終了。最後に「サッカーは練習の意識から変わります。上を目指して頑張って下さい」と激励のメッセージを送った。

 第2部では栄養士の案浦美保代さんとのトークセッションに臨んだ。

「高校時代は栄養についてあまり気にするタイプではなかった」という浅野だが、プロになってからは「栄養バランスを考えて、バランス良く食べること。身体もまだ出来上がっていないので、量もいっぱい食べる」ことを心掛けているという。また、ドイツでは「初めての一人暮らし」を始めており、「日本だったら毎日のようにご飯や魚だったり美味しいものを食べれますけど、海外だとまずご飯がなかったりするので、何で炭水化物を摂取して、どういう肉、魚、野菜を食べるのか考えなくてはいけなくて……。そこは大変ですね」と明かした。

「なかなか頑張ってもうまくならないと思うのは本当に分かるんですけど、それでもいつか努力が自分の財産になることは100パーセント。目標に対して、『あの時に頑張っておいて良かった』、『妥協しなくて良かった』と絶対に思います。『努力して良かった』、『100パーセントでやってきて良かった』というのは、絶対に将来に思い返した時に自分の財産になっているなと。ぜひ、そういう気持ちで頑張ってほしいなと思います。あとはサポートしてくれる方への感謝の気持ちは絶対に持たないといけないですし、その感謝の気持ちが恩返しをしたいという気持ちに変わって、その恩返しをしたいなという気持ちがピッチに現れるんで。それをピッチで体現するため、練習を全力で頑張ろうというふうに逆算してやってくれたら先につながると思います」と高校生たちへ熱いエールを送った。

 イベント終了後、囲み取材に応じた浅野は「僕も緊張してあまりうまくいかなかったプレーもあったので、もっともっと頑張らないといけない」と感じたようで、「自信を持ってデモンストレーションでも前に立ってやれるくらいの選手にならないといけないですね」とさらなる成長を誓った。

 最後に来シーズンに向けて「昨シーズンは満足できる結果ではなかったので、まだどこでやるかは分からないですけど、今日も高校生に言ったので毎日を全力で目標を持ってプレーしたいです。昨シーズンよりも試合数、ゴール数、アシスト数も全ていい数字で終わりたいなと思いますし、代表も常に選ばれるように結果を残していきます」と意気込みを語った。



関連記事(外部サイト)