柴崎、逆転での昇格プレーオフ決勝進出に自信「強い気持ちを持っている」

柴崎、逆転での昇格プレーオフ決勝進出に自信「強い気持ちを持っている」

カディスとの第1戦でフル出場した柴崎岳 [写真]=Getty Images

 テネリフェに所属するMF柴崎岳が、1部昇格プレーオフの決勝進出に自信を見せた。クラブ公式サイトが16日にコメントを伝えた。

 テネリフェは15日に行われた昇格プレーオフ準決勝ファーストレグでカディスと対戦し、0−1で敗れた。フル出場した柴崎は「ファーストレグの結果には満足していません。僕らの思うとおりのプレーや、ボールをキープすることができませんでした」と振り返った。

 それでも、最小失点での敗戦で逆転突破には十分可能性を残している。「目標は勝利して準決勝を突破することです。まだもう1試合ありますし、勝てると思います」と意気込む柴崎は、「プレッシャーがかかると言う人もいますが、僕はかなり落ち着いています。セカンドレグではボールを素早く動かして戦わないといけません」と試合を見据えた。

 セカンドレグは18日にホームで行われる。柴崎は「僕らはとても強い気持ちを持っているし、ファンの前で戦えます。彼らの声援やサポートを身近に感じることができます。カディスでの雰囲気もとてもよかったですが、ホームではもっと素晴らしいはずです」とファンの応援を後押しにプレーオフ決勝進出を誓った。

関連記事(外部サイト)