プレミア初昇格のブライトン、クラブ史上最高額で豪代表GKを獲得

プレミア初昇格のブライトン、クラブ史上最高額で豪代表GKを獲得

ブライトンへの移籍が決まったGKライアン [写真]=Photonews via Getty Images

 ブライトンは16日、バレンシアからオーストラリア代表GKマシュー・ライアンを獲得したと発表した。

 発表によると、契約期間は5年。金額は非公開となっているものの、「クラブレコードとなる移籍金」であることを明らかにしている。

 移籍決定にあたって、クリス・ヒュートン監督は「マシューをクラブに迎え入れることができて嬉しく思う。我々にとって初となるプレミアリーグでのシーズンに向けて、間違いなく素晴らしい補強になるだろう。彼とともに仕事ができることを我々は非常に楽しみにしているよ」とコメント。期待を寄せている。

 ライアンは現在25歳。2015−16シーズンよりバレンシアでプレーしていたが、出場機会に恵まれず。今年1月よりヘンクにレンタル移籍していた。2015年にはオーストラリア年間最優秀選手に輝いた実力を持つ。

関連記事(外部サイト)