終盤猛攻も広島追いつけず…川崎が阿部の強烈ミドルでウノ・ゼロ勝利

終盤猛攻も広島追いつけず…川崎が阿部の強烈ミドルでウノ・ゼロ勝利

56分、阿部浩之が今シーズン5ゴール目を決めた。 [写真]=Getty Images

 2017明治安田生命J1リーグ第15節が17日に行われ、川崎フロンターレとサンフレッチェ広島が対戦した。

 前半はホームの川崎がボールを支配し、広島がしっかりと守備ブロックを敷き、一進一退の攻防が繰り広げられるが、スコアレスのまま折り返した。

 後半に入ると川崎がやや攻勢を強め、56分に先手を取る。相手を背負ったエウシーニョが体を張ってボールを落とすと、阿部浩之がペナルティエリア左手前から鋭いグラウンダーのシュートを放ち、ゴールを突き刺した。川崎が先制点を奪う。

 対する広島は75分、味方のダイレクトパスを受けたミキッチがペナルティエリア右からふわりとしたクロスを供給。ペナルティエリア内の皆川佑介がヘディングシュートを放つも、ワンバウンドしたボールは惜しくもクロスバーに阻まれてしまう。

 その後も広島が猛攻を仕掛けたが得点には結びつかず、試合はこのままタイムアップ。川崎は前節の横浜F・マリノス戦の敗戦の雰囲気を断ち切り、一方の広島はリーグ戦5試合ぶりの勝ち星を得られなかった。

 次戦は21日、天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦で川崎は栃木ウーヴァ(栃木県代表)、広島は鹿児島ユナイテッドFCと対戦する。

【スコア】
川崎フロンターレ 1−0 サンフレッチェ広島

【得点者】
1−0 56分 阿部浩之(川崎フロンターレ)

関連記事(外部サイト)