途中出場の長沢が決勝ヘッド! G大阪が神戸との“神阪ダービー”を制す

途中出場の長沢が決勝ヘッド! G大阪が神戸との“神阪ダービー”を制す

倉田のアシストでG大阪が勝利した [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第15節が17日に行われ、ヴィッセル神戸とガンバ大阪が対戦した。

 神戸は前節からのスタメン変更はなし。今季移籍加入の大森晃太郎は初の古巣対決に臨む。G大阪はパトリックが今季初スタメンで1トップの位置に入り、2列目は左から初瀬亮、倉田秋、堂安律。遠藤保仁はJ1通算550試合目となる。

 29分、小川慶治朗が得意のドリブルから右足を振り抜くが、日本代表GK東口順昭が好セーブを見せた。前半はスコアレスで折り返す。

 得点を狙うG大阪は後半開始早々の52分、パトリックに代えて長沢駿を投入する。すると70分、倉田秋のクロスに長沢が頭から飛び込み、G大阪が先制した。

 試合は0−1で終了。G大阪は2試合ぶりに勝ち点3を獲得し、神戸との“神阪ダービー”を制した。

 次戦は21日、天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦で神戸はカターレ富山、G大阪はヴェルスパ大分(大分県代表)と対戦する。

【スコア】
ヴィッセル神戸 0−1 ガンバ大阪

【得点者】
0−1 70分 長沢駿(G大阪)

関連記事(外部サイト)