来季CLにライプツィヒとザルツブルクが参加可能…FW南野、欧州の大舞台へ参戦

来季CLにライプツィヒとザルツブルクが参加可能…FW南野、欧州の大舞台へ参戦

南野が所属するザルツブルクがCL出場可能に [写真]=Getty Images

 欧州サッカー連盟(UEFA)は20日、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)にライプツィヒと日本人FW南野拓実が所属するザルツブルクが参加できることを公式HP上で発表した。

 UEFAクラブ・ファイナンシャル・コントロール機関(CFCB)の裁定部門が調査した結果、両クラブはCL大会規約の第5条(大会の完全性)の規定に違反はなかったとの判断を下された。

 CLでは、同一人物をオーナーに持つ2クラブが同じ大会へ出場することができないとされていたが、複数のUEFA主催クラブ大会参加クラブに決定的な影響を及す個人または法人はもはや存在しなくなったと判断された。

 続けて、完全性規則が今後も守られるよう、CFCBは引き続き両クラブの監視を行うとも発表。

 これにより正式にライプツィヒとザルツブルクが来シーズンのCLに参加することが決定、CLの舞台で南野がどのような活躍を見せてくれるのか注目が集まる。

関連記事(外部サイト)