セルビアvsマケドニアは激闘の末にドロー…横浜FMのバブンスキーは先発出場/U21EURO

セルビアvsマケドニアは激闘の末にドロー…横浜FMのバブンスキーは先発出場/U21EURO

2−2のドローに終わったセルビアvsマケドニア [写真]=UEFA via Getty Images

 20日、U−21欧州選手権グループステージ第2節が行われ、U−21セルビア代表とU−21マケドニア代表が対戦した。

 グループBで3位と4位に位置しているセルビアとマケドニアは負けられない戦いに挑む。横浜F・マリノスに所属するU−21マケドニア代表MFダビド・バブンスキーは先発出場。

 24分、試合が動く。味方がペナルティーエリア内で放ったシュートが相手選手に当たり、セルビアのガチノヴィッチの前へボールが転がる。左足でシュートを放ちセルビアが先制に成功。その後チャンスを作るも両チーム得点には至らず前半を折り返す。

 58分までプレーしたバブンスキーに交代が告げられる。その後の64分、リードを許したマケドニアにチャンス。ペナルティーエリア内でエルマスが上げたクロスにジブコヴィッチがハンド。マケドニアにPKが与えられる。キッカーのバルディがきっちり決めスコアをタイに戻した。

 勢いに乗るマケドニアは83分、グジョルグジェフが中央に切り込んでいきミドルシュートを放つ。綺麗な放物線を描いたシュートにGKは一歩も動けず。ゴール右隅にシュートが決まり、マケドニアが逆転に成功した。

 しかし終了間際の90分、ジブコヴィッチのFKにジュルジェヴィッチが頭で合わせ土壇場で同点に成功。

 試合はこのままタイムアップ。2−2のドローに終わった両国は最終節に望みをつなげる勝ち点1を手に入れた。

 セルビアは23日にスペインと、マケドニアは同日にポルトガルと最終節を戦う。



【スコア】
U−21セルビア 2−2 U−21マケドニア

【得点者】
1−0 24分 ミヤト・ガチノビッチ(セルビア)
1−1 64分 エニス・バルディ(PK/マケドニア)
1−2 83分 ニコラ・グジョルグジェフ(マケドニア)
2−2 90分 ウロシュ・ジュルジェビッチ(セルビア)

関連記事(外部サイト)