D・アウヴェス、恩師率いるマンCへの移籍を希望 チェルシーが関心も

D・アウヴェス、恩師率いるマンCへの移籍を希望 チェルシーが関心も

ユヴェントス退団が報じられているD・アウヴェス [写真]=NurPhoto via Getty Images

 ユヴェントスに所属するブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが、マンチェスター・Cへの移籍を望んでいるようだ。20日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 D・アウヴェスは19日、代理人を介してユヴェントス側と契約解除に関する話し合いを実施。2018年6月までとなっている契約が解除されれば、同選手は今夏に移籍金0円で同クラブを退団することになる。

 報道によると、D・アウヴェスはマンチェスター・Cへの移籍を強く望んでいる模様。同選手は2年契約の締結に前向きな態度を示しており、ユヴェントス退団が決まればすぐに交渉に入る見込みだという。

 一方で、D・アウヴェスに対しては、チェルシーが興味を示している。プレミアリーグ連覇を狙う同クラブへの移籍は、魅力的な選択肢であることは確か。しかし本人は、バルセロナ時代に師事したジョゼップ・グアルディオラ監督との再会を熱望しているため、同クラブ加入の可能性は低いとみられている。

 マンチェスター・Cはトッテナムに所属するイングランド代表DFカイル・ウォーカーや、アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンもターゲットに据えている。果たして、D・アウヴェスの望みは叶うのだろうか。

関連記事(外部サイト)