インテルMFバネガが1年で古巣復帰か…昨夏にセビージャから加入

インテルMFバネガが1年で古巣復帰か…昨夏にセビージャから加入

セビージャへの復帰可能性が報じられたバネガ [写真]=Inter/Inter via Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのアルゼンチン代表MFエベル・バネガが、古巣であるセビージャへの復帰を選択肢に含めているという。スペイン紙『マルカ』が20日付で報じた。

 バネガは、昨夏の移籍市場でセビージャから加入した。フリートランスファーでの加入だったため、移籍金は発生せず。今シーズンは公式戦33試合に出場して6得点8アシストを記録した。

 そんな同選手だが、わずか1年での古巣復帰の可能性が浮上している。同紙は、バネガの代理人を務めるマルセロ・シモニアン氏のコメントを掲載。「セビージャは彼の家だ」と同氏は語り、セビージャ復帰について議論していることを示唆した。なお、同紙はこの移籍について「複雑なものになるかもしれない」としている。

 両クラブの間では、今冬の移籍市場でインテルからセビージャへレンタル移籍したモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチについても、完全移籍に向けた交渉が行われていた。だが、これはインテルがセビージャのオファーに納得せず、却下している。

関連記事(外部サイト)