筑波大が“ジャイキリ”達成! 3得点でJ1仙台を下し天皇杯3回戦へ

筑波大が“ジャイキリ”達成! 3得点でJ1仙台を下し天皇杯3回戦へ

2得点を挙げた筑波大MF三笘薫 [写真]=藤本洋志

 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会2回戦が21日に行われ、ベガルタ仙台と茨城県代表の筑波大学が対戦した。

“ジャイアントキリング”を狙う筑波大は、6分に三笘薫がドリブルで1人で持ち込みゴール。先制に成功する。J1の意地を見せたい仙台も31分、中野嘉大のシュートが決まって同点に。前半は1−1で終了した。

 後半立ち上がり、仙台が試合をひっくり返す。50分、中野嘉大が左サイドからクロスを入れるとこれがそのままゴールへと吸い込まれた。しかし65分、筑波大はCKの折り返しから中野誠也が頭で決めて追いつく。勢いに乗る筑波大は73分、ショートカウンターから三笘がこの日2点目を決めて再びリードを奪った。試合はこのまま終了。筑波大が3−2で仙台を下し、3回戦に駒を進めている。

 3回戦は7月12日に行われる。

【スコア】
ベガルタ仙台(J1) 2−3 筑波大学(茨城県代表)

【得点者】
0−1 6分 三笘薫(筑波大学)
1−1 31分 中野嘉大(ベガルタ仙台)
2−1 50分 中野嘉大(ベガルタ仙台)
2−2 65分 中野誠也(筑波大学)
2−3 73分 三笘薫(筑波大学)

関連記事(外部サイト)