C・ロナウドが決勝弾…ポルトガル、開催国ロシアを破り今大会初白星

C・ロナウドが決勝弾…ポルトガル、開催国ロシアを破り今大会初白星

決勝ゴールでチームを勝利に導いたC・ロナウド(右)[写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループA第2節が21日に行われ、ロシア代表とポルトガル代表が対戦した。

 ニュージーランドとの開幕戦に2−0で勝利し、白星スタートを切った開催国のロシア。対する欧州王者のポルトガルは、メキシコとの初戦を2−2で終え、昨年のユーロ2016と同様にドロー発進となった。

 試合は開始8分に動いた。ポルトガルは左サイドのラファエル・ゲレイロがクロスを送ると、ファーに走り込んだクリスティアーノ・ロナウドが頭で合わせてゴールネットを揺らした。

 幸先よく先制したポルトガルは26分、C・ロナウドが自ら獲得したFKで直接狙うが、代表100試合目のGKイゴール・アキンフェエフにセーブされる。一方のロシアは41分、右サイドからのクロスをニアのフョードル・スモロフが左足で合わせたが、シュートは枠の右に外れた。

 1点リードで折り返したポルトガルは後半に入って50分、右サイドからベルナルド・シルヴァがクロスを送ると、中央のアンドレ・シルヴァがヘディングシュートを放つが、GKアキンフェエフに左手1本でセーブされる。58分には、セドリックがエリア手前右から無回転のミドルシュートを放つが、これもGKアキンフェエフに阻まれた。

 さらに、C・ロナウドが63分にエリア内右のアンドレ・ゴメスからのクロスをヘディングシュート。65分にも、B・シルヴァの折り返しから、エリア手前で右足ダイレクトシュートを放つが、いずれも枠を大きく外した。ポルトガルは直後に、負傷したゲレイロがプレー続行不可能で、代わりにエリゼウを投入した。

 ポルトガルは追加点こそなかったが、ロシアの終盤の猛攻をシャットアウトし、このまま1−0で勝利。今大会初白星で勝ち点を「4」に伸ばし、グループA暫定首位に立った。

 グループA最終節は24日に行われ、ロシアはメキシコと、ポルトガルはニュージーランドと対戦する。

【スコア】
ロシア 0−1 ポルトガル
?
【得点者】
0−1 8分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)

関連記事(外部サイト)