【ライターコラムfrom鳥栖】「裏方ナンバーワン」からさらなる飛躍へ…攻撃の貢献度アップを目指す福田晃斗

【ライターコラムfrom鳥栖】「裏方ナンバーワン」からさらなる飛躍へ…攻撃の貢献度アップを目指す福田晃斗

攻撃面での成長を目指す福田晃斗 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 豪快なミドルシュートも、繊細なスルーパスも彼にはない。だから試合で目立つことはほとんどない。しかし、その目立たないところでのプレーが彼の仕事。守備でファーストディフェンダーのカバーや空いたスペースを素早く埋める、人数が足りない時はいち早くディフェンスラインに入って相手の攻撃の芽を摘む。地味だが、チームにとっては欠かせない選手。それが福田晃斗(ふくたあきと)だ。

 プロ2年目(特別指定選手時代から数えると4年目)の昨季セカンドステージからレギュラーに定着。今季は開幕戦こそメンバーに入らなかったが、第2節以降はコンスタントに先発出場している。そんな福田のプレーが変わりつつある。守備の人からのステップアップである。具体的には、攻撃の貢献度をアップさせようとしているのだ。実際、今季の試合では守って味方にボールをつないで終わるのではなく、ペナルティエリア付近まで上がってパスを受け、シュートまでつなげたり、クロスを供給したりしている。残念ながらそのシュートやクロスはゴールへつながっていないが、徐々に攻撃での存在感を増している。

「守備だけやっていればいいという状態ではないので、攻撃にも余裕が出てこないといけない時期です。僕がもう一つ成長するにはアタッキングサードでのプレーの質だと思います。でも、プロでどう生き残るかを考えて、守備からしっかりやるという今のスタイルでスタメンを勝ち取り始めたので、その基盤は変わりません」

 守備には自信を持っている福田だが、こう話すようにしっかりと自分の課題を認識している。だが、そこで攻撃一辺倒のプレーをするのではなく、彼が意識しているのは、あくまでも自分の本質である守備で役割をしっかりと果たしてからの話だ。

「プロに入ったときから裏方ナンバーワンを目指していて、自分が得点を取るよりも得点の起点になることが嬉しいと感じますが、相手の攻撃の芽を摘んで、そこからフィニッシュに関われたらよりいいですね」

 得点へとつながるボール奪取はもちろん、アシスト役やフィニッシャーとしても得点に絡むプレーを発揮することができれば、彼自身が選手としてステップアップするだけでなく、チームにとってもこれまで以上に欠かせない存在となる。

文=荒木英喜

関連記事(外部サイト)