【鹿島vs新潟プレビュー】大岩剛監督就任後、公式戦3連勝の鹿島…新潟は故障離脱していた矢野貴章が復帰

【鹿島vs新潟プレビュー】大岩剛監督就任後、公式戦3連勝の鹿島…新潟は故障離脱していた矢野貴章が復帰

新潟は前節、負傷で1カ月離脱していた矢野貴章が復帰。右サイドハーフで存在感を見せつけた [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

■鹿島アントラーズ ルーキー安部裕葵が天皇杯で2得点1アシスト

【プラス材料】
 21日に行われた天皇杯2回戦でFCマルヤス岡崎に5−0で勝利し、大岩剛監督就任後、公式戦3連勝を飾った。リーグ前節の札幌戦から先発9人を入れ替え、若手主体のメンバー構成で臨んだなかで、安部裕葵が2得点1アシストを含む全5得点に絡む活躍を見せた。

 前線は先発が予想されるレアンドロ、中村充孝、土居聖真、P・ジュニオールの4人のほかにも、金崎夢生、遠藤康、金森健志ら実力者がひしめくポジション。ルーキー安部の活躍はさらなるポジション争いを促し、気温が上がるなかで連戦を控えるチームにとっても多くの選択肢を持つことになった。

 中3日での試合とはいえ、メンバーを入れ替えているため、フレッシュな状態で新潟戦に臨むことができる。

【マイナス材料】
 基本的にはマイナス要素は少ない。

 あえて挙げるとするならば、後半の戦い方であろうか。ここ公式戦3試合は前半に3得点を挙げ、圧倒的優位な状態で後半に入ることができた。だが、いずれの試合も後半は相手に主導権を握られる展開となっている。優位に立った中でプレーの正確性、慎重さが足りないがために起きた現象と言える。

 悲観しすぎることはないが、選手の口からは「ボールを持たれてもいいが、相手にボールを回させている感じにさせなければいけない」「簡単にボールを失わないように」「悪い失い方はしないこと」という意見が聞かれた。

文:totoONE編集部

■アルビレックス新潟 ゴールの門番をめぐる選手起用がカギ

【プラス材料】
 リーグ前節の大宮戦では、ゲームキャプテンを務め、ポジションを1つ上げて右サイドハーフでプレーした矢野貴章が、さすがの存在感を示した。右ハムストリングスの肉離れで1カ月戦列を離れていたとは思えないパワフルなプレーを見せた矢野は、フィードのターゲットとしても強さを発揮し、サイドで起点となった。これによってボランチから右サイドバックにコンバートされた原輝綺の攻撃参加が促されるなど、チームの直結している。

 21日に行われた天皇杯2回戦のバンディオンセ加古川戦では、4−2−3−1のトップ下に入った加藤大が積極的なプレーでアピール。2年ぶりのゴールを含め、好パスで試合を作ってチアゴ・ガリャルドのライバルに名乗りを上げた。競争が活気づくのは大歓迎だ。

【マイナス材料】
 前節は勝ち点で並ぶ大宮をホームに迎え、シュートを2本に抑えながら1−2と競り負けた。最下位脱出に失敗した精神的ダメージを引きずることなく、どこまで準備を整えて鹿島戦に臨めるかがカギを握る。

 大宮戦、21日の天皇杯と2試合連続で起用されたGK川浪吾郎のパフォーマンスが安定感を欠いていたため、守田達弥がポジションを奪い返す可能性もある。今季、公式戦に出場したGKは川浪、守田、負傷離脱中の大谷幸輝の3人。苦しい戦いが続くなか、絶対的な守護神が確定していない。

 強豪鹿島との今節は押し込まれる時間が長くなることも考えられる。コミュニケーションをより密に、安定した守備ブロックの構築は必須となる。ゴールの門番をめぐる、呂比須ワグナー監督の選手起用も勝敗を左右しそうだ。

文:totoONE編集部

関連記事(外部サイト)