G大阪退団のパトリック、広島加入決定「できるだけたくさんのゴールを」

G大阪退団のパトリック、広島加入決定「できるだけたくさんのゴールを」

G大阪パトリック 広島加入へ

G大阪退団のパトリック、広島加入決定「できるだけたくさんのゴールを」

広島加入が決まったG大阪FWパトリック [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 ガンバ大阪でプレーしていたブラジル人FWパトリックが、サンフレッチェ広島へ期限付き移籍で加入することが決まった。両クラブが27日に発表している。期限付き移籍元はブラジルのサルグエイロACで、移籍期間は7月1日から2018年1月1日まで。背番号は「39」に決まった。

 パトリックはG大阪退団がすでに決定。同クラブは今月1日、同30日をもって契約満了を迎える同選手について、契約を更新しない旨を発表した。そして今回、広島加入が決定。パトリックにとっては日本で4クラブ目のプレーとなる。加入にあたり、同選手は以下のようにコメントしている。

「広島に加入することが決まり、すごくうれしく思っています。クラブ関係者の皆さま、私を信じてオファーをくださり感謝しています。ピッチの中で自分のベストを尽くしてチームに貢献したいと思います。できるだけたくさんのゴールを決めて、広島のサポーターが喜んでいる姿が見たいです。応援をよろしくお願いします」

 パトリックは1987年生まれの29歳。2014年7月からG大阪でプレーし、同年の国内三冠達成に大きく貢献した。2015年は明治安田生命J1リーグで12ゴールを記録。天皇杯決勝の浦和レッズ戦では2ゴールを挙げ、優勝の立役者となった。

 昨季は明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ終了時点で無得点と不振だったが、セカンドステージに入ってから2ゴールを記録。しかし、10月13日に行われた練習中に負傷し、右前十字じん帯損傷と右外側半月板損傷で長期離脱を強いられた。リハビリの末に実戦復帰を果たし、今月17日の明治安田生命J1リーグ第15節ヴィッセル神戸戦では先発メンバーにも名を連ねている。

 広島は今季、明治安田生命J1リーグ第16節を終えてJ2降格圏内の17位に低迷。16試合で計12ゴールと得点力不足に悩まされる中、パトリックは起爆剤となることはできるだろうか。なお同選手は今月30日から広島に合流する予定となっている。

関連記事(外部サイト)