【中溝康隆J連載】『totoを当ててリーガ・エスパニョーラを見に行こう! 第1回』

【中溝康隆J連載】『totoを当ててリーガ・エスパニョーラを見に行こう! 第1回』

憧れのリーガ・エスパニョーラ現地観戦は実現するのか? [写真]=Getty Images

◆リーガ観戦旅行費は約40万円

 生きる上で「目標」と「夢」は似ているようで全然違う。

 目標とは人生の過程であり、夢とは人生の寄り道だ。だから、時に夢は人生を狂わす。恐らく、誰にでもいつか人生で叶えたい夢があるはずだ。俺にも夢がある。憧れのリーガ・エスパニョーラをスペインでじっくり観ることだ。 

 レアル・マドリードのサンティアゴ・ベルナベウやバルセロナのカンプ・ノウ、そしてガイスカ・メンディエタやパブロ・アイマールがいた時代から好きだったバレンシアのメスタージャといった現地のスタジアムをひとつずつ回ってみたい。

 もちろん行こうとしたことは何度もあった。2000年代前半、大学のヨーロッパ卒業旅行を計画していたら、あの9.11同時多発テロの余波で泣く泣く断念。社会人時代、リーガ・エスパニョーラのDVDボックスデザインを担当して、簡単なスペイン語も覚え準備万端と思ったら、2006年ドイツ・ワールドカップでの日本代表惨敗がきっかけで転職をするハメになりそれどころじゃなくなった。

 よし今度こそ行ってやる。でもどこにそんな時間とお金があるのだろう?

 日数的には余裕を見て10日間は欲しい。…まあ冬の野球オフシーズンに強引に飛べばなんとかなるだろう。料金は格安航空券サイトで見ると、往復10万円以下だと乗り換え2回で片道35時間というハードさ。ここは大人の余裕チラ見せでスイス・インターナショナル・エアラインズやフィンエアー(フィンランド航空)の片道15時間、往復で約15万円〜20万円あたりが妥当か。で、さらに現地のホテル代、サッカーチケット代、食事代、お土産代と色々合わせるとざっと総額「40万円」というお見積もり。

◆サッカー観戦の費用はサッカーくじで稼ぐ

 ヨンジュウマンエン…。真夜中に缶チューハイ片手にひとり呟いてみると、俺も大人になったなと実感できる金額だ。決して安くはないけど、頑張れば手が届かない金額でもない。夏のボーナスが出ればなんとか…と言っても、今の自分の仕事はフリーランスのライターなのでボーナスはない。じゃあ、もうあれしかないな。こうなったらサッカー観戦の費用はサッカーで稼ぐ。辿りついたのが“toto”。泣く子も黙る、サッカーくじである。

 昔何回か買ったけど、当たらないからすぐやめたよ。そんな大人の通過儀礼“toto”。いや、今度はお遊びじゃなく本気で当てに行く。

 さあ新連載『totoを当ててリーガ・エスパニョーラを見に行こう!』。ってもちろん素人が好き勝手に予想して的中できるほど甘くはないのは分かってる。ならば専門家の助けを借りればいい。サッカーくじ予想サイト『totoONE』(以下トトワン)はサッカー通や編集部のガチ予想から、各チームの番記者による詳細データも掲載しているので、普段はDAZNでJ1を中心に観戦する自分にもJ2・J3情報をアシストしてもらえそうだ。

 このトトワンを参考に1回2000円前後を購入。そして苦労して当てたという、ずっと好きだったおネエちゃんと付き合えた的な感動のストーリー性と既成事実が欲しいので、機械がランダムに数字を選ぶ最高6億円のBIGではなく、自ら予想するtotoのみで挑戦。いつの時代も夢は自分の手で?み取ってこそナンボだ。というわけで、さっそく6月3日締切の第935回totoを予想してみることにした。

◆初回から意外な的中率でスタート

 まず様子見でtotoはダブル(勝ち、負け、引き分けから2通り予想できるシステム)を4試合使用の計1600円分、mini toto A組を800円分購入。すると、意外なことが起こった。幸先よくtoto13試合中9試合が的中したのである。あと2試合当てたら3等だった。

 これはトトワンサイト予想で9600円購入している初代編集長の岩本義弘さんの8試合的中、2400円分購入したマイウェイ予想の加藤理恵さんの8試合的中を上回る打率の良さだ。1600円という手堅い買い方で柏vs浦和の「1(ホーム勝利)」、大宮vs鳥栖の「0(引き分け)」をダブルで狙い当てた。もしかしたら意外とスペインは近いかもしれないぞ。ちなみにこの回の1等は約5400万円が2口出ている。

 意気揚々と臨んだ続く第936回totoはダブル4つ使用の1600円、mini toto A組も800円分購入。なんだけど、普段見ているJ1ではなくJ2第18節とJ3第12節が対象ということもあり予想も手探り。

 totoは13試合中4試合的中という大惨敗、mini totoも5試合中3試合的中のみと完敗。続く第937回totoはダブル4つ使用の1600円購入(mini totoは全5試合的中でも数千円ということも多々あるので今回は購入をやめた)。

 しかし、甲府vs柏の「0」やC大阪vs清水の「0」と波乱続きで、またもや13試合中5試合的中という惨惨たる結果に…。2回連続で全試合的中の1等は0口というハードさで、937回のトトワン岩本予想は9600円購入、加藤予想は3200円購入でそれぞれ6試合的中。歴戦の勇者達でもこの厳しすぎる結果。まさにtotoは一日にして成らずである。

◆1度の購入額が1600円では厳しいか…

 それにしても泣けるぜ…俺も計3回でいきなり「−6400円」スタートという連載が始まった瞬間に終わりそうな勢いだ。スペインに行くどころか、空港でスーツケースを盗まれたみたいなマイナスの始まり。

 3回やって気が付いたのは、toto1600円購入で1等的中させるのはかなり厳しいという当たり前の事実だ。これは思いきって1回の購入額を5000円あたりまで引き上げるのが現実的かもしれない。いや、逃げちゃダメだ。全然関係ないけど合コンだって金より心。まずは予想額を上げるのではなく、予想精度を上げるのが先だろう。

 今後使えそうなデータとしては『totoONE 編集部の蹴球分析』というコンテンツだろうか。第937回は「浦和はリーグ戦の直近3試合での1試合平均失点が1.67と、ディフェンスにやや不安を抱えています。そこに日本代表組の疲労を加味すると、勝ち点3を落とす可能性も」と予想し、実際に浦和vs磐田の結果は2-4で「2」だった。

3試合分の結果予想を断定調で提示する『今週の狙い目』はリスキーな面もあるので、こちらの『蹴球分析』を予想のヒントとして自分でアレンジを加えていくのがベストではないだろうか。

 突然、始まった夢への挑戦。果たして、いつの日かリーガ・エスパニョーラ現地観戦に辿り着くことは出きるのだろうか?

文=中溝康隆(フ?ロ野球死亡遊戯)

関連記事(外部サイト)