ブンデス1部&2部の総観客動員数が歴代最多を記録「人気に陰りはない」

ブンデス1部&2部の総観客動員数が歴代最多を記録「人気に陰りはない」

1部復帰を果たしたシュトゥットガルト。2部優勝を決めた最終節は6万人が駆けつけた [写真]=Bundesliga/DFL via Getty Images

 ブンデスリーガを運営するドイツフットボールリーグ(DFL)は、今シーズンに行われたブンデスリーガ1部と2部の全612試合の合計観客動員数が歴代最多となる1904万9362人を記録したことを発表。昨シーズンよりも1.3パーセント増となった。ドイツ誌『kicker』日本語版が23日に伝えた。

 クリスチャン・ザイファート代表取締役は、「ブンデス1部と2部における人気に陰りなどない」と胸を張った。

 ただし、1部だけでみれば、1試合あたりの平均観客動員数は4万693人と素晴らしい数字ながら、過去9年間で最低の数字を記録。

 しかし、2部では前年度より13パーセント増となる平均2万1560人と歴史的な数字を記録しており、なかでも1年での1部復帰を決めた日本代表FW浅野拓磨所属のシュトゥットガルトが平均5万364人と大きく貢献した。

関連記事(外部サイト)