女子バスケットの大ファンのクルトワ、母国に祝辞「おめでとう!」

女子バスケットの大ファンのクルトワ、母国に祝辞「おめでとう!」

女子バスケットボールベルギー代表の大ファンであるティボー・クルトワ [写真]=Getty Images

 欧州バスケット選手権2017で躍進している女子バスケットボールベルギー代表に関して、チェルシーの同国代表GKティボー・クルトワがツイッター上にコメントを残した。ワシントンのバスケットボールチーム公式サイト『bulletsforever』が23日伝えた。

 女子バスケットボールベルギー代表は欧州バスケット選手権2017で躍動している。予選から順調に勝ち進んだ同代表は準決勝を勝利し、同国女子バスケットボール史上初めてFIBAワールドカップ出場権を獲得した。ベルギーの人々が歓喜の声を挙げ始めており、女子バスケットボールベルギー代表の大ファンであるチェルシーのGKティボー・クルトワもお祝いのコメントをしたようだ。

 同代表が木曜日に準決勝イタリア戦を勝ち抜いた後、クルトワは自身ツイッターで「おめでとうベルギーキャッツ!(女子バスケットボールベルギー代表の愛称)そして今、決勝戦へ!」とオランダ語で祝辞を送った。

 クルトワがソーシャルメディアで女子バスケットボールについて言及したのは初めてのことではない。彼は先週のロシア戦でもベルギー代表のツイートをリツイートしていた。ベルギーで最も有名なスポーツ選手の1人であるクルトワが、今歴史を作り続けている母国の女子バスケットボール代表を応援していることについて国内から称賛の声も挙げっているようだ。

関連記事(外部サイト)