北九州、第14節長野戦から“海ポチャ”対策のボールパーソンを紹介へ

北九州、第14節長野戦から“海ポチャ”対策のボールパーソンを紹介へ

海ポチャ対策で漁船が停泊している [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 ギラヴァンツ北九州は25日、明治安田生命J3リーグ第14節AC長野パルセイロ戦から、スタジアムビジョンにて「海のボールパーソン」を紹介すると発表した。

 今季からミクニワールドスタジアム北九州を新本拠地とする北九州は、ホームゲームにて北九州市漁業協同組合長浜支所より、海への人転落対応とボールの“海ポチャ”対策を目的として漁船を1隻停泊させている。今月10日に行なわれた第12節ガンバ大阪U−23戦では、84分にGK高橋拓也がペナルティエリア外へ飛び出し、左足でクリアしたボールがバックスタンド裏の海へ飛び込んだこともあり、ピッチサイドにボールパーソンに加えて、「海のボールパーソン」もスタジアムで紹介されることが決定した。



 毎試合キックオフ約50分前にボールパーソンを紹介する予定となっており、長野戦では13時11分頃に漁船の映像と当日の漁船名がスタジアムビジョンに映し出される。

関連記事(外部サイト)