アーセナル、FWマルシャル獲得にシフトチェンジか 移籍金57億円を準備  

アーセナル、FWマルシャル獲得にシフトチェンジか 移籍金57億円を準備  

アーセナルが獲得を狙うマルシャル [写真]=AMA/Getty Images

 アーセナルがマンチェスター・Uに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルの獲得を狙っているようだ。25日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 アーセナルは今夏のメインターゲットとして、モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバペをリストアップしていた。しかし、ムバペに関してはレアル・マドリードへ移籍する可能性が高まっていて、獲得は難しい状況。ターゲットの変更を迫られている。

 報道によると、ヴェンゲル監督はムバペの代わりにマルシャルを獲得候補に据えているという。用意する移籍金は4000万ポンド(約57億円)とみられ、今夏の完全移籍が噂されている。

 マルシャルは今シーズン、公式戦42試合に出場し、8ゴールを記録。昨シーズンの得点数を下回り、周囲の期待に応えることができなかった。移籍には指揮を執るジョゼ・モウリーニョ監督を納得させる必要があるが、アーセナルはそれに見合う契約を提示することができるだろうか。

関連記事(外部サイト)