バイエルン、カラスコの獲得を狙う アトレティコへの処分がネックに

バイエルン、カラスコの獲得を狙う アトレティコへの処分がネックに

バイエルンが興味を示すカラスコ [写真]=Power Sport Images/Getty Images

 バイエルンがアトレティコ・マドリードに所属するベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコの獲得を狙っているようだ。24日付のスペイン紙『アス』が報じた。

 報道によると、バイエルンが今夏の補強ターゲットにカラスコの名前を挙げているという。リストアップはカルロ・アンチェロッティ監督の強い希望によるもので、同クラブは5000万ユーロ(約62億円)を準備しているとされる。

 しかし、アンチェロッティ監督にとって大きな障害となるのが、アトレティコ・マドリードに科された補強禁止処分だ。アトレティコ・マドリードはこの処分により、今夏に新たな選手登録を行うことができない。そのため、同クラブは現所属選手の流出を何としても阻止したいところ。当然、カラスコに対しても同様の対応がとられると予想されている。

 カラスコは2015年にアトレティコ・マドリードへ加入。2年目のシーズンを過ごした同選手には、まだクラブとの契約が2022年まで残っている。このため、同選手の獲得がバイエルンにとって難しいタスクであることは間違いないはずだ。

関連記事(外部サイト)