ラストマッチを勝利で飾った鎌田「活躍してサガン鳥栖の名を世界に」

ラストマッチを勝利で飾った鎌田「活躍してサガン鳥栖の名を世界に」

鎌田大地の退団セレモニーが行われた [写真]=J.LEAGUE PHOTOS

 25日、サガン鳥栖は2017明治安田生命J1リーグ第16節で浦和レッズと戦い、2−1で勝利した。

 試合後、フランクフルト移籍が決定しており、この日が鳥栖でのラストマッチだった鎌田大地の退団セレモニーが行われた。

 妻、両親から花束をもらった鎌田は「今日は雨の中本当に多くの人に集まってもらい、熱い声援を頂きありがとうございました。」と最初に感謝を述べた。

 続けて「初めて九州に足を踏み入れ、いろいろな人に出会って、お世話になりました。高校生のときに行くチームがなかった僕に、サガン鳥栖だけが唯一声をかけてくれました。2年半という短い間でしたがサガン鳥栖には本当にお世話になったし成長できました」とチームへの感謝の思いを口にした。

「1年目にお世話になった森下監督がいなかったら今の僕は確実にないですし、クソガキだった僕の面倒を見てくれて感謝しています」と話し前監督への思いを口にした鎌田。しかし「2年目からはマッシモ監督にみてもらいましたけど…んー」とすぐには言葉が出ず、会場は笑いの渦に。

 それでも「きつい練習でしんどかったけど、それが海外に挑戦できる僕を作り上げたのですごく感謝しています」とフィッカデンティ監督にも感謝を口にした。

 今日の試合については「ラストゲームでしたけど、今までで一番の雰囲気、内容でサッカーができて、心に残る試合でした」と明かした。

「僕はサガン鳥栖を離れますけど、世界で活躍することでサガン鳥栖の名前を世界に広められると思うので、プレーでではないですけど、違う形でサガン鳥栖に貢献したいと思います」と“サガン鳥栖愛”を語るとサポーターは万雷の拍手で答えた。

「このチームでなければ今の自分はいなかったと思います。そういった意味でチームメイト、サポーターにはとても感謝しています」と改めて感謝を伝えた鎌田。将来について「海外で活躍して日本代表に入って、チャンピオンズリーグに優勝できるチームに入れるよう、雑草魂で成功したい」と宣言した。

 最後には「これからも試合は見るし、サガン鳥栖が優勝できるように祈っています。嫁さんと僕らしく頑張っていくのでこれからも応援よろしくお願いします。本当にお世話になりました。ありがとうございました」と締めくくった。

関連記事(外部サイト)