豪州、南米王者とドローもコンフェデ杯敗退…チリがB組2位で4強へ

豪州、南米王者とドローもコンフェデ杯敗退…チリがB組2位で4強へ

引き分けに終わり、チリのサンチェスと豪州のケーヒルが抱擁(中央) [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFA コンフェデレーションズカップ ロシア 2017のグループB最終節が24日に行われ、チリ代表とオーストラリア代表が対戦した。

 1勝1分けのチリは勝つか引き分ければグループステージ突破が決定。一方のオーストラリアは1分け1敗で、逆転での準決勝進出を目指す。チリの先発メンバーには、GKクラウディオ・ブラボやアルトゥーロ・ビダル、アレクシス・サンチェスらが名を連ねた。対するオーストラリアは、マーク・ミリガンやジェームス・トロイージらが先発出場している。

 チリは開始7分、右サイドからのクロスに反応したビダルがペナルティーエリア中央からボレーで狙ったが、枠を捉えた一撃は相手GKに阻まれた。以降もチリが攻勢をかけていくものの、均衡を破ることができない。スコアレスのまま、前半の終盤に突入した。

 すると42分、均衡を破ったのはオーストラリアだった。GKブラボのキックを敵陣でカットした攻撃から、ペナルティーエリア左側でフリーで待っていたトロイージが冷静に右足シュートを決めた。前半はオーストラリアのリードで終了した。

 1点を追うチリは59分、サンチェスがペナルティーエリア内で粘って右足シュートを放ったが、相手GKの正面へ。それでも66分、左サイドからのクロスでペナルティーエリア内へボールを送り込み、空中戦での競り合いから最後はマルティン・ロドリゲスが押し込んで1−1の同点とした。

 同点となった後は互いに得点を挙げることができず、試合は1−1で終了。1勝2分けの勝ち点「5」としたチリがグループBの2位で準決勝進出を決め、オーストラリアは敗退となった。チリは28日、準決勝でグループA首位のポルトガルと対戦する。

【スコア】
チリ代表 1−1 オーストラリア代表

【得点者】
0−1 42分 ジェームス・トロイージ(オーストラリア代表)
1−1 67分 マルティン・ロドリゲス(チリ代表)

関連記事(外部サイト)