柴崎、スペイン1部へ“個人昇格”? ベティス移籍の可能性浮上か

柴崎、スペイン1部へ“個人昇格”? ベティス移籍の可能性浮上か

MF柴崎 スペイン1部に移籍か

柴崎、スペイン1部へ“個人昇格”? ベティス移籍の可能性浮上か

昇格プレーオフ4試合で1ゴール2アシストを記録した柴崎岳 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ2部のテネリフェに所属するMF柴崎岳が、同1部のベティスへ移籍する可能性が浮上しているようだ。スペインメディア『El GOL』が25日に伝えている。

 今年1月末に鹿島アントラーズからの移籍加入が決まり、テネリフェの一員として今シーズン後半を戦った柴崎。24日に行われた1部昇格プレーオフ決勝セカンドレグでは1アシストを記録したものの、ヘタフェに1−3と敗戦。ファーストレグで先勝して得たアドバンテージを活かせず、2試合合計2−3と逆転を許して昇格を逃してしまった。

 柴崎は昇格プレーオフ準決勝セカンドレグのカディス戦でゴールを決めると、決勝の2試合では各1アシストを記録。プレーオフ4試合で1ゴール2アシストと存在感を示した。

 今回の報道によると、ベティスが柴崎の獲得に関心を示しているという。今月末で契約が切れ、フリートランスファーで獲得可能となる同選手の獲得へ動く可能性があるようだ。ベティスは今シーズン、リーガ・エスパニョーラ1部で15位だった。

 テネリフェ残留となれば来シーズンも2部で戦うこととなるが、柴崎自身は1部でのプレーを望んでいるとも伝えられた。チームは昇格を逃したが、印象的な活躍で“個人昇格”を勝ち取る可能性は十分にあるだろう。今後の動向に注目が集まる。

関連記事(外部サイト)