モウリーニョの父親が死去…現役時代はポルトガル代表GKとして活躍

モウリーニョの父親が死去…現役時代はポルトガル代表GKとして活躍

モウリーニョ監督はインスタグラムに自身と父親の写真を投稿した [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uの指揮官を務めるジョゼ・モウリーニョ監督の父親であるフェリックス・モウリーニョ氏が25日に亡くなったと、ポルトガルメディア『SIC Noticias』や『A Bola』が報じた。

 現役時代はゴールキーパーとしてポルトガルの複数クラブでプレー。特にヴィトリア・デ・セトゥーバルでは数々のタイトル獲得に貢献し、伝説的な選手としての扱いを受けている。また、ポルトガル代表でも守護神を務めた。

 引退後は、コーチとして国内のクラブを渡り歩き古巣のヴィトリア・デ・セトゥーバルやベンフィカでも指導をした。

 ジョゼ・モウリーニョ監督は哀悼の意を込め、自身のインスタグラムに父親とのツーショットを投稿している。

関連記事(外部サイト)