プレミア初挑戦の阪南大校は福岡とドロー/高円宮杯U-18プレミアリーグ

プレミア初挑戦の阪南大校は福岡とドロー/高円宮杯U-18プレミアリーグ

互いに決定機を生かせず阪南大高と福岡の一戦はスコアレスドロー

 高円宮杯U−18サッカーリーグ2017 プレミアリーグが、5月7日の第5節以来、約1カ月半ぶりに再開した。

 第6節は6月24日(土)、同25日(日)に開催。プレミアリーグ初挑戦の阪南大学高校は、アビスパ福岡U−18との一戦に臨んだ。雨中の対戦となった試合は、互いに決定機を作りながら得点は最後まで生まれず勝ち点1を分け合った。阪南大学高校の初勝利は、次節以降に持ち越しとなっている。

 阪南大学高校の濱田豪監督は「苦しくなるというのは今年の初めからわかっていたことですが、打開策がないままここまできてしまいました。これまで3年生を中心にメンバーを組んできましたが、1、2年生も編成に入れながらチームを進めていこうと思います」と今後の選手起用ついて言及した。

 対するアビスパ福岡U−18のFW庄司一輝は「どんどんシュートチャレンジを多くして、もっと多くボールに関われるようにしてチームに貢献できる選手になれればいいと思います。プレミアリーグではまだチームとして2得点しかできていないので、もっとゴールを量産していきたいです」と宣言した。

 プレミアリーグWEST第6節の試合結果は以下のとおり。

◆プレミアリーグWEST第6節
6月25日(日)
神戸弘陵学園高校 1−1 セレッソ大阪U−18
サンフレッチェ広島F.Cユース 2−0 米子北高校
阪南大学高校 0−0 アビスパ福岡U−18
ガンバ大阪ユース 2−3 東福岡高校
大津高校 1−4 ヴィッセル神戸U−18

◆プレミアリーグWEST順位表
1位 ヴィッセル神戸U−18 15pt(5勝0分1敗)
2位 セレッソ大阪U−18 14pt(4勝2分0敗)
3位 サンフレッチェ広島F.Cユース 11pt(3勝2分1敗)
4位 東福岡高校 10pt(3勝1分2敗)
5位 ガンバ大阪ユース 8pt(2勝2分2敗)
6位 米子北高校 7pt(2勝1分3敗)
7位 大津高校 5pt(1勝2分3敗)
8位 阪南大学高校 4pt(0勝4分2敗)
9位 アビスパ福岡U−18 4pt(1勝1分4敗)
10位 神戸弘陵学園高校 3pt(0勝3分3敗)

 プレミアリーグEASTでは、前節まで首位だった清水エスパルスユースが鹿島アントラーズユースとスコアレスドロー。横浜F・マリノスユースに競り勝った青森山田高校が5連勝で1位に浮上している。

◆プレミアリーグEAST第6節
6月24日(土)
清水エスパルスユース 0−0 鹿島アントラーズユース
大宮アルディージャユース 1−1 市立船橋高校
C東京U−18 3−1 京都サンガF.C. U−18
6月25日(日)
青森山田高校 3−2 横浜F・マリノスユース
浦和レッドダイヤモンズユース 2−2 柏レイソルU−18

◆プレミアリーグEAST順位表
1位 青森山田高校 15pt(5勝0分1敗)
2位 清水エスパルスユース 14pt(4勝2分0敗)
3位 FC東京U−18 13pt(4勝1分1敗)
4位 鹿島アントラーズユース 13pt(4勝1分1敗)
5位 柏レイソルU-18 6pt(1勝3分2敗)
6位 京都サンガF.C. U−18 6pt(2勝0分4敗)
7位 浦和レッドダイヤモンズユース 5pt(1勝2分3敗)
8位 大宮アルディージャユース 5pt(1勝2分3敗)
9位 横浜F・マリノスユース 3pt(0勝3分3敗)
10位 市立船橋高校 2pt(0勝2分4敗)

関連記事(外部サイト)