21歳トラオレ、リヨンと5年契約…チェルシーからの完全移籍決定

21歳トラオレ、リヨンと5年契約…チェルシーからの完全移籍決定

2016−17シーズンはアヤックスでプレーしたトラオレ、リヨンへの完全移籍が決定 [写真]=Getty Images

 リーグ・アンのリヨンは26日、チェルシーからアヤックスへレンタル移籍で加入していたブルキナファソ代表MFバートランド・トラオレを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2022年6月末までの5年間。

 トラオレは1996年生まれの21歳で、オセールの下部組織出身。2014年1月にチェルシーへ加入すると同時にオランダのフィテッセへレンタル移籍で加入した。同クラブでは2014−15シーズンまでプレーし、チェルシーへ復帰。2016−17シーズンはアヤックスへレンタル移籍で加入し、エールディヴィジで24試合出場8ゴールを記録した。また、21歳の若さながら、ブルキナファソ代表としてすでに38試合出場5ゴールを記録している。

 リヨンへの完全移籍が決まり、トラオレは「監督や新しいチームメイトから学び、チームとともに成長を続けていきたい。このクラブを助けたいと思っているよ。個人的には安定感を身に着けることが目標だ。リヨンとの契約が最良の選択肢だった。自分ができるということ、価値があるということを示す時が来た」と抱負を語っている。

 なおリヨンは、トラオレの移籍金が1000万ユーロ(約12億5000万円)であると発表している。

関連記事(外部サイト)