フットサルで悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡

フットサルで悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡

フットサルで悲劇が起きしてしまった [写真]=Getty Images

 フットサルをプレーしていた12歳のGKが、PKを胸で止めた後に亡くなった。スペイン紙『El Espanol』が伝えている。

 この事故はスペインのヒネスという街で、24日に起きたという。

 少年はPKを胸で止めた後に倒れ込み、心肺停止となってしまったようだ。その後病院へと搬送されたものの、50分後に死亡が確認されたと報じられている。

 なお、サッカーの場合、PKはゴールから約11メートルの位置からキックを行うが、フットサルの場合には6メートルの位置から行う。また、ボールはサッカーで使用するものよりも小さく、弾みにくい作りになっている。

(記事提供:Qoly)

関連記事(外部サイト)