ハート退団濃厚のトリノ、次期守護神に実力者シリグを指名か

ハート退団濃厚のトリノ、次期守護神に実力者シリグを指名か

トリノへの移籍が濃厚となった実力者シリグ [写真]=Getty Images

 トリノにパリ・サンジェルマンに所属するイタリア人GKサルヴァトーレ・シリグが加入することが決定的となった。イタリア紙『トゥットスポルト』が26日に報じた。

 シリグは、1年間の契約を残し、パリ・サンジェルマンとの契約を解除。メディカルチェックが行われ、27日中にもトリノへの移籍が正式発表される見通しとなっている。

 年俸はボーナスを含め、150万ユーロ(約1億9000万円)とパリ・サンジェルマン時代の報酬の半分となるようだ。

 現在30歳のシリグは、2011年にパレルモからパリ・サンジェルマンに移籍。2013、2014年には、リーグ・アン年間最優秀GKに選ばれたが、2015年夏に新加入したドイツ代表GKケヴィン・トラップにポジションを奪われた。

 16-17シーズンは前半戦でセビージャに、後半戦ではオサスナにレンタル移籍していた。6月30日限りで退団となるイングランド代表GKジョー・ハートの後継者として期待される。

関連記事(外部サイト)