マンU、ペリシッチを諦めて…新しくフィオレンティーナFWに関心か

マンU、ペリシッチを諦めて…新しくフィオレンティーナFWに関心か

マンチェスター・Uが獲得を狙うベルナルデスキ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは、インテルのクロアチア代表FWイヴァン・ペリシッチ獲得を目指していたがターゲットは変わったようだ。26日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

 マンチェスター・Uは、ペリシッチへの関心を強めていると伝えられていた。しかし、インテルが要求している5000万ポンド(約71億円)は高すぎると考えており、同選手の獲得を諦めることにしたようだ。

 そこで、代わりにターゲットとなったのが、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・ベルナルデスキのようだ。同選手は、今シーズン公式戦42試合に出場して14得点5アシストをマーク。同クラブの背番号10を託され、中心選手としてプレーしている。

 ベルナルデスキは、フィオレンティーナと新しい契約を結ぶことを拒否していることが明らかになっている。さらに、ペリシッチよりも安価での獲得が可能と予想されていることから、マンチェスター・Uはベルナルデスキに関心を寄せているようだ。

 しかし、ベルナルデスキには、ユヴェントスやチェルシーも関心を寄せていることが伝えられている。しかし、フィオレンティーナは国内のライバルクラブへの売却よりも、国外売却を望んでいることから、マンチェスター・Uはチャンスがあると考えているようだ。

 まだ23歳のベルナルデスキだが、どのような決断を下すのか注目が集まる。

関連記事(外部サイト)