J1・J2の昇降格システムが変更…2018年以降、新たに5チームでプレーオフ

J1とJ2昇降格システム変更へ

J1・J2の昇降格システムが変更…2018年以降、新たに5チームでプレーオフ

J1・J2の昇降格システムが変更…2018年以降、新たに5チームでプレーオフ

2018年度から現行のプレーオフ制度が改正 [写真]=Getty Images

 Jリーグは27日、2018年以降の明治安田生命J1リーグとJ2リーグの昇降格の決定方法が発表した。

 現在はJ1の下位3チーム(16、17、18位)が自動降格。さらにJ2では1位と2位がJ1へ自動昇格。それに加えて3位から6位の4チームがJ1昇格プレーオフへ回る仕組みだ。

 このシステムが2018年以降変更される。J1の16位のチームとJ2の3位から6位の4チームがJ1参入プレーオフ(仮称)へ回ることになる。なおJ1の17、18位のチーム、そしてJ2の1位、2位の待遇に変更はない。

関連記事(外部サイト)