伊代表GKシリグが母国復帰、トリノ加入が決定…パリSGと契約解除

伊代表GKシリグが母国復帰、トリノ加入が決定…パリSGと契約解除

今年1月からはオサスナでプレーしていたシリグ、トリノ加入が決定 [写真]=NurPhoto via Getty Images

 パリ・サンジェルマンに所属するイタリア代表GKサルヴァトーレ・シリグが、トリノへ加入することが決まった。27日に両クラブが発表している。

 パリ・サンジェルマンは28日、2018年6月末までとなっていたシリグとの契約を解除し、同選手が退団すると発表。そして同日、トリノが加入を発表した。

 シリグは1987年生まれの30歳。2011年にパリ・サンジェルマンへ加入し、公式戦通算190試合に出場した。4度のリーグ・アン制覇など、数々のタイトル獲得に貢献。昨年夏にセビージャへレンタル移籍で加入したものの出場機会に恵まれず、今年1月にオサスナへレンタル移籍で加入してリーガ・エスパニョーラ18試合に出場していた。

 6年ぶりの母国復帰となるシリグ。トリノ加入にあたり、「このクラブの一員になることができて嬉しい。自分のことを強く求めてくれたし、重要視してくれた」と喜びを語っている。

関連記事(外部サイト)