ドイツが死闘を制して決勝へ…イングランドをPK戦で撃破/U21EURO

ドイツが死闘を制して決勝へ…イングランドをPK戦で撃破/U21EURO

PK戦を制したドイツの選手たちが歓喜の疾走 [写真]=NurPhoto via Getty Images

 U−21欧州選手権準決勝が27日に行われ、U−21イングランド代表とU−21ドイツ代表が対戦した。

 グループAを2勝1分けで突破したイングランドと、グループCの2位通過を果たしたドイツの対戦。均衡を破ったのはドイツだった。35分、ダヴィー・ゼルケがペナルティーエリア右奥からのクロスボールに反応し、ヘディングシュートを突き刺した。

 先制を許したイングランドは6分後に反撃。右CKからゴール前で混戦となり、最後はデマレイ・グレイがこぼれ球に反応して左足シュートを決めた。前半は1−1で終了した。

 後半立ち上がり、勝ち越しに成功したのはイングランドだった。右サイドを突破してペナルティーエリア内へ入ると、最後はタミー・アブラハムが折り返しに詰めて2−1と逆転に成功した。

 粘るドイツは70分、左CKからニアサイドに飛び込んだフェリックス・プラッテが打点の高いヘディングシュートを突き刺して2−2の同点に。90分を終え、試合は延長戦に突入した。

 延長戦でも両者譲らず、決着はPK戦へ。互いに2人目のキッカーが失敗し、先攻のドイツは5人目を終えて4人が成功。そしてイングランドの5人目、ネイサン・レドモンドのシュートをドイツGKユリアン・ポラースベックが止めた。2本のシュートを阻止したGKポラースベックの活躍で、ドイツがPK戦を4−3で制した。

 決勝は28日に行われ、ドイツはスペインと対戦する。

【スコア】
U−21イングランド代表 2−2(PK:3−4) U−21ドイツ代表

【得点者】
0−1 35分 ダヴィー・ゼルケ(U−21ドイツ代表)
1−1 41分 デマレイ・グレイ(U−21イングランド代表)
2−1 50分 タミー・アブラハム(U−21イングランド代表)
2−2 70分 フェリックス・プラッテ(U−21ドイツ代表)

関連記事(外部サイト)