堂安律の退団セレモニー、実は「あの選手」も胴上げされていた

堂安律の退団セレモニー、実は「あの選手」も胴上げされていた

第16節川崎戦後のセレモニーで胴上げされる堂安 [写真]=JL/Getty Images for DAZN

 25日に行われた2017明治安田生命J1リーグ第16節、ガンバ大阪対川崎フロンターレ戦。

 この試合はエールディビジのフローニンゲンへの移籍が決まった堂安律にとってはG大阪でのラストゲームとなり、試合後にはセレモニーが行われた。

 サポーターがつける「ガンバLEDブレス」が光を放つ幻想的な雰囲気の中、ファンにメッセージを伝えた堂安。その後スタジアムを一周すると、一部のチームメイトたちによって胴上げをされる。

 しかし、そのパフォーマンスは堂安の後にも続いた。担がれた人物はG大阪退団が決まっているFWパトリックだった。



 パトリックは6月30日付けでチームを離れることが決まっており(6月28日にサンフレッチェ広島への移籍が発表)、堂安同様川崎戦がG大阪の選手として迎えるラストゲームとなっていた。

 この日は出場こそなかったものの、数々のタイトル獲得に貢献してきたストライカーを労おうと、G大阪の選手たちは考えたのだ。堂安も自らの胴上げが終わると、すぐさま「パト!パト!」とパトリックを呼び寄せ胴上げを促すなど、ちょっと“ほっこり”するエピソードだ。

(記事提供:Qoly)

関連記事(外部サイト)