負傷続きの清武、C大阪復帰後4度目の離脱…「強くなって戻ってくる」

負傷続きの清武、C大阪復帰後4度目の離脱…「強くなって戻ってくる」

MF清武 8週間の怪我で離脱

負傷続きの清武、C大阪復帰後4度目の離脱…「強くなって戻ってくる」

度重なる負傷に悩まされているC大阪MF清武弘嗣 [写真]=Getty Images for DAZN

 セレッソ大阪に所属する日本代表MF清武弘嗣が28日、自身のインスタグラムを更新。負傷離脱を余儀なくされたことを受けて、心境をつづった。

 清武は「8週間の怪我をしました。セレッソに帰ってきて、今回で4回目の離脱です」と報告。「申し訳無い気持ちと、情けない気持ちですが、前を向いて進んで行くしかありません」とつづり、以下のように続けた。

「チームが好調の中、怪我をして力になれないのは悔しいですが、この期間でまたパワーアップして戻れるように頑張りたいと思います。応援してくださるみなさんすみません。でも、僕は前を向いて成長していき、セレッソ大阪の力になれるように強くなって戻ってきたいと思います」

 清武は25日の明治安田生命J1リーグ第16節ベガルタ仙台戦に先発出場したが、前半終了間際に負傷。42分に途中交代を強いられた。そしてC大阪が28日に負傷状況を発表。左ハムストリング筋損傷との診断で、全治約8週間を要する見込みと伝えていた。

 今季開幕前にC大阪へ復帰した清武は明治安田生命J1リーグ第16節終了時点で11試合出場4ゴールを記録しているものの、度重なる負傷に悩まされている。今回の離脱により、来月17日に行われる「StubHub ワールドマッチ 2017」、古巣セビージャ戦の欠場も濃厚となってしまった。

関連記事(外部サイト)