シャペコエンセ、8月にバルサと対戦決定…浦和とのスルガ銀行杯出場も表明

墜落事故のシャペコエンセ、8月にバルサと対戦決定 浦和とのスルガ銀行杯出場も表明

記事まとめ

  • シャペコエンセ(ブラジル1部)が8月7日に、バルセロナと対戦することが分かった
  • 日本で行われるスルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMAにも参加することを表明
  • 昨年コパ・スダメリカーナ2016の決勝会場に向かう途中、飛行機が墜落し70人以上が犠牲

シャペコエンセ、8月にバルサと対戦決定…浦和とのスルガ銀行杯出場も表明

シャペコエンセ、8月にバルサと対戦決定…浦和とのスルガ銀行杯出場も表明

バルセロナとの対戦が決まったシャペコエンセの選手たち [写真]=Getty Images

 シャペコエンセ(ブラジル1部)が8月7日に、バルセロナと対戦することが分かった。また、8月15日に日本で行われるスルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMAにも参加することを表明したという。

  昨年11月にコパ・スダメリカーナ2016の決勝会場に向かう途中で、選手、クラブ関係者を乗せた飛行機がコロンビアで墜落し、搭乗者の大半を占める70人以上が犠牲となったシャペコエンセ。その後、新たな選手たちを加え再始動し、州選手権で奮闘していた。ファーストステージは惜しくも2位だったが、セカンドステージは1試合を残して見事に優勝を手にするなど結果を残している。

 同クラブは8月7日に、バルセロナが毎年新シーズン開幕前に開催する第52回ジョアン・ガンペール杯で、バルセロナの本拠地カンプ・ノウにて試合を行うことになった。バルセロナの公式HPでは「この場で71人の犠牲者を追悼する意味合いもある。バルサは同クラブの組織的、またはスポーツ面での再構築を支援する意思を持っている」と、シャペコエンセを招待する背景を説明している。

 また、8月15日にはスルガ銀行チャンピオンシップ 2017 SAITAMAに出場。一時はタイトなスケジュールを理由に出場辞退を検討していたようだが、ブラジルメディア『Globo』によれば正式に参加を決定したようだ。シャペコエンセは事故を受け、決勝で対戦する予定だった相手のアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)から優勝を譲られたため、コパ・スダメリカーナ2016の優勝チームとして、2016 JリーグYBCルヴァンカップの優勝チームである浦和レッズと、埼玉スタジアム2002で対戦する。

関連記事(外部サイト)