大宮、加入内定のFWマルセロと正式契約…背番号は「33」に決定

大宮、加入内定のFWマルセロと正式契約…背番号は「33」に決定

大宮と正式契約を締結したマルセロ・トスカーノ [写真]=Getty Images

 大宮アルディージャは29日、ブラジル人FWマルセロ・トスカーノと正式契約を締結したと発表した。背番号は「33」に決まった。

 大宮は22日、マルセロ・トスカーノが韓国1部の済州ユナイテッドから完全移籍で加入することが内定したと発表。来日後にメディカルチェックを経て正式契約を行うと伝えられていたが、29日に契約締結に至った。同選手は7月1日からチームに合流する予定。

 マルセロ・トスカーノは1985年生まれの32歳。身長184センチメートルの大型FWで、ブラジル国内のクラブを渡り歩いた後、昨季から済州ユナイテッドでプレーしている。昨季はKリーグ・クラシックで37試合出場11ゴールを記録。今季は13試合出場で6ゴールを挙げている。また今季はAFCチャンピオンズリーグで8試合出場3ゴールを記録している。

 大宮は今季、明治安田生命J1リーグ第16節を終えて4勝2分け10敗、勝ち点「14」で15位。25日のサンフレッチェ広島戦で3−0と快勝し、J2降格圏を脱した。次節は7月1日、横浜F・マリノスをホームに迎える。

関連記事(外部サイト)