プレミア初昇格ハダースフィールド、武藤所属のマインツ正GKを獲得

プレミア初昇格ハダースフィールド、武藤所属のマインツ正GKを獲得

昨年デンマーク代表デビューを果たしたヨナス・レッスル [写真]=Getty Images

 プレミアリーグへの昇格を勝ち取ったハダースフィールド・タウンFCがマインツから、デンマーク代表GKヨナス・レッスルを獲得した。クラブ公式サイトが6月30日に正式発表した。

 ハダーズフィールドはヨナス・レッセルと2018年6月30日までの1年ローン契約を締結した。ハダーズフィールドはローンの最後で完全獲得できるオプションを付け加えた。同選手は昨夏マインツに3年契約で加入し、今シーズンはマインツの正GKとしてリーグ戦27試合に出場している。

 ハダーズフィールドのデヴィッド・ワグナー監督は「私は彼の才能と可能性を信じている。ヨナスは、現代のゴールキーパーに望まれるスキルをすべて備えているよ。彼は素晴らしいシュートストッパーで、彼の実力は本物であり、足元の技術も良いんだ。そして私は彼が良いキャラクターであることも知っている。流暢な英語も話せる。彼は我々のチームに完璧にフィットだろう」と同選手に期待のコメントを残している。

 ハダースフィールド・タウンFCは今シーズン、チャンピオンシップ(プレミアリーグの一つ下のディビジョン)を5位で終え、プレーオフ決勝でレディングに勝ち、45年ぶりとなる1部昇格を決め、プレミアリーグ初昇格を果たしている。

関連記事(外部サイト)