アルビレックス新潟Sがホウガンに逆転負け…今季初の連敗

アルビレックス新潟Sがホウガンに逆転負け…今季初の連敗

逆転負けのアルビレックス新潟シンガポールは今季初の連敗

 3日、アルビレックス新潟シンガポールはシンガポール・リーグ(Sリーグ)第13節でホウガン・ユナイテッドFCと対戦した。

 10分、アルビレックス新潟シンガポールが先制する。長崎健人のロングボールに反応した阪本翔一朗が右サイドを突破。中央に鋭いクロスを送ると、中井涼太がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得する。この好機を中井自身が沈めて1点をリードする。

 しかし24分、2本続いたCKから失点。ニアサイドで触られてコースが変わったボールをパブロ・ロドリゲスに押し込まれる。後半立ち上がり直後には、田中脩史が胸でGKにバックパスしたボールを奪われてそのままゴールイン。ミスで勝ち越し点を献上してしまう。

 終盤に反撃を試みたアルビレックス新潟シンガポールだったが、1−2の逆転負け。前節のホーム・ユナイテッド戦に続き黒星を喫してシーズン初の連敗となった。

【スコア】
アルビレックス新潟シンガポール 1−2 ホウガン・ユナイテッドFC

【得点】
1−0 10分 中井涼太(アルビレックス新潟シンガポール)
1−1 27分 パブロ・ロドリゲス(ホウガン・ユナイテッドFC)
1−2 48分 ファイロス・ハサン(ホウガン・ユナイテッドFC)

関連記事(外部サイト)