英2部レディング、スタム監督と契約延長…昨季は昇格逃すも再建に成功

英2部レディング、スタム監督と契約延長…昨季は昇格逃すも再建に成功

レディングを率いてチーム再建に成功したスタム監督 [写真]=AMA/Getty Images

 イングランド2部リーグ(チャンピオンシップ)に所属するレディングは4日、ヤープ・スタム監督との契約を2年延長したことを発表した。新たな契約期間は2019年6月30日まで。

 元オランダ代表DFのスタム監督は1972年生まれの44歳。選手時代はオランダのクラブを渡り歩いた後、1998年にマンチェスター・Uへ移籍した。同クラブには3シーズンに渡って在籍し、プレミアリーグ3連覇を達成。加入1年目の1998−99シーズンには三冠を獲得した。2001年にラツィオへ移籍し、2004年にはミランへ移籍。2006年にアヤックスに加入して母国復帰を果たし、2007年10月に現役引退を発表した。

 引退後はマンチェスター・Uのスカウトを経て指導者に転身し、ズウォレやアヤックスの下部組織で監督を務めていた。そして昨年6月、レディングの指揮官に就任した。

 就任1年目の昨シーズンはチャンピオンシップでレギュラーシーズン3位フィニッシュを果たし、昇格プレーオフに進出。決勝まで駒を進めたものの、ハダースフィールドを相手にPK戦の末、3−4と敗れてプレミアリーグ昇格を逃した。

 あと一歩で昇格を逃したレディングだが、2015−16シーズンは18位に沈んでいたことを考えると、スタム監督はチームの再建に成功したと言える。レディングは契約延長にあたり、「期待をはるかに超えた結果を残した」と称賛している。

 レディングは2005−06シーズンにクラブ史上初のプレミアリーグ昇格を決め、翌2006−07シーズンから2年間、同リーグで戦った。1部定着とはならず、2008−09シーズンから4年間はチャンピオンシップ、2012−13シーズンはプレミアリーグに参加。2013−14シーズン以降は再びチャンピオンシップに所属している。

関連記事(外部サイト)