メッシ、ついに契約延長合意へ…違約金は385億円、2021年まで

メッシ、ついに契約延長合意へ…違約金は385億円、2021年まで

メッシが契約延長に合意? [写真]=Getty Images

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがついに契約延長に合意したようだ。スペイン紙『マルカ』が4日に報じている。

 同紙によると、メッシはバルセロナとの契約を2021年まで延長し、さらに1年のオプションが付くという。同時に契約解除金は3億ユーロ(約385億円)まで引き上げられるようだ。

 先日結婚式を挙げたメッシは現在ハネムーンを満喫しているものと見られており、バルセロナに戻る来週頃には正式にサイン、発表が行われると予測される。

 今夏の移籍市場ではU−21スペイン代表FWジェラール・デウロフェウの復帰のみと目立った動きは見られていないバルセロナだが、エースの残留という大仕事を終えた今、選手獲得に向けて注力するだろうとされている。

関連記事(外部サイト)