ヴィラ加入テリー「引退後はチェルシーの監督に」盟友にも期待

ヴィラ加入テリー「引退後はチェルシーの監督に」盟友にも期待

ともにチェルシーの指揮官を務めるのが夢だと語ったテリー [写真]=Getty Images

 アストン・ヴィラに加入した元イングランド代表DFジョン・テリーが引退後の展望を明かした。イギリス紙『インディペンデント』が伝えた。

 22年過ごしたチェルシーを退団し、1年契約でイングランド・チャンピオンシップ(2部)のアストン・ヴィラへの加入が決定したテリー。同選手は引退後、古巣のチェルシーを指揮する願望を口にした。

「(フランク・)ランパードと話していたんだ。チェルシーを指揮することについてね。大きすぎる夢だと思うかい?これは僕とランプの目標なんだ」

 チェルシーとイングランド代表で長く主力としてチームを引っ張った両者。“盟友”同士の2人が指揮官として並ぶ姿を見ることはあるのだろうか。

関連記事(外部サイト)