ポドルスキ、神戸入団会見! サポーターに日本語で「コンニチワ」の挨拶

ポドルスキ、神戸入団会見! サポーターに日本語で「コンニチワ」の挨拶

入団会見に臨んだポドルスキ [写真]=梅原沙織

 6日、ヴィッセル神戸は元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの入団会見を行った。同会見ではライブストリーミングサービス『DAZN』でも生配信された。

 最初にポドルスキは日本語で「コンニチワ、ポドルスキデス。ヨロシク」とサポーターに向かって挨拶。

 ヴィッセル神戸を選んだ理由を聞かれたポドルスキは「その質問はよく聞かれるんだ。家族と一緒に話し合ったりもした。会長から大きな希望を聞いたり、インターネットで神戸の様々な情報を調べて入団を決めたんだ」とコメント。

 続けて神戸の印象を聞かれたポドルスキは「たくさんの人に歓迎されて誇りに感じる。空港はとても綺麗で、いい気分で到着することができた。サッカーだけではなく、日本の文化についてもいろいろ勉強したいと思う」とこれからの日本の生活に期待を寄せた。

 Jリーグについて聞かれると「アジアでナンバーワンのサッカーリーグにしたいと思う。それの手助けができればいいね。チームメイトとのトレーニングを楽しみにしている。試合をするのが待ち遠しい」と意気込んだ。

 外国人記者から「初めてのリーグでのプレーにプレッシャーを感じるか」と聞かれたポドルスキは「プレッシャーは常に感じている。ヨーロッパでもアジアでも同じだ。それはビッククラブでもほかのクラブでも変わらない。でもチームメイトやファンが僕を助けてくれると信じている」とこれまでの経験を交えながら言葉を紡いだ。

 またJリーグの選手について聞かれると「槙野智章(浦和)についてはよく知っている。冗談を言う面白い人だ。またどこかで対戦できたらいいね」と述べ、「ファンには今まで経験してきたことをピッチで発揮できたらいいね。チームメイトにも伝えられたら光栄だ。たくさんのゴールを奪って神戸の勝利に貢献したい」と自身の目標も口にした。

 最後に「これから神戸牛を食べに行くよ」とジョークを交わし会場の笑いを誘った。

 ポドルスキの選手登録は、第2種登録期間開始日である7月21日に登録される予定。よって神戸での最初の試合は、29日に行われる明治安田生命J1リーグ第19節のホームでの大宮アルディージャ戦になる。

 なお神戸は次節、8日にベガルタ仙台とホームで対戦する。

関連記事(外部サイト)