横内暫定監督の広島、A・ロペスのロスタイム弾で土壇場ドロー…横浜FMの連勝は5でストップ

横内暫定監督の広島、A・ロペスのロスタイム弾で土壇場ドロー…横浜FMの連勝は5でストップ

齋藤のドリブルから横浜FMの得点が生まれた [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第18節が8日に行われ、横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島が対戦した。

 5連勝中の横浜FMはマルティノスに代わり、ダビド・バブンスキーが7試合ぶりにスタメンに名を連ねた。横内昭展ヘッドコーチが暫定的に指揮を執る広島は前節から2名を変更。高橋壮也とアンデルソン・ロペスが起用された。

 広島は76分にゴール前でセットプレーのチャンスを得ると、柴崎晃誠が意表を突くグラウンダーのFKで狙うが、わずかに枠の外。そしてスコアレスで迎えた81分、齋藤学がドリブルで切れ込みラストパスを送ると、途中出場の前田直輝が頭で決めて横浜FMが均衡を破る。

 試合終了間際の90分、広島は左サイドからチャンスを作るとアンデルソン・ロペスが決めて、広島が土壇場で同点に追いつく。

 試合は1−1で終了。横浜FMは連勝が5でストップ。対する広島は連敗を4で止めた。

 次節は29日、横浜F・マリノスはホームで清水エスパルスと対戦。広島は26日、2017JリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2節でFC東京と敵地で対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 1−1 サンフレッチェ広島

【得点者】
1−0 81分 前田直輝(横浜FM)
1−1 90分 アンデルソン・ロペス(広島)

関連記事(外部サイト)