川崎が鮮やかな逆転劇で3位浮上! 車屋が2アシスト、主将・小林が決勝点

川崎が鮮やかな逆転劇で3位浮上! 車屋が2アシスト、主将・小林が決勝点

小林が決勝点を挙げた [写真]=Getty Images for DAZN

 2017明治安田生命J1リーグ第18節が8日に行われ、サガン鳥栖と川崎フロンターレが対戦した。

 鳥栖は前節からメンバーを1名変更。富山貴光が3試合ぶりにスタメンに名を連ねた。中2日で敵地での一戦に臨む川崎は中村憲剛と登里享平に代わり、三好康児と家長昭博が起用された。

 39分、吉田豊がエリア内で倒されて鳥栖がPKを獲得すると、原川力が決めて先制する。さらに直後の42分、福田晃斗のクロスに趙東建が合わせて追加点。ホームの鳥栖が2点のリードを奪い折り返す。

 追いかける川崎は後半開始から中村と登里を投入する。すると56分、変化をつけたセットプレーから谷口彰悟が決めて1点を返すと、続く58分には車屋紳太郎のグラウンダーのクロスに走り込んだエウシーニョが押し込み同点とする。さらに62分には再び車屋のクロスから小林悠が頭で合わせ、ついに逆転する。

 試合は2−3で終了。鳥栖は3試合勝利なし。対する川崎は3連勝を達成した。

 次節は29日、鳥栖はアウェイでサンフレッチェ広島と、川崎はホームでジュビロ磐田と対戦する。

【スコア】
サガン鳥栖 2−3 川崎フロンターレ

【得点者】
1−0 39分 原川力(鳥栖)
2−0 42分 趙東建(鳥栖)
2−1 56分 谷口彰悟(川崎)
2−2 59分 エウシーニョ(川崎)
2−3 62分 小林悠(川崎)

関連記事(外部サイト)