エヴァートン、今夏のFWジルー獲得に本腰 ルカク放出で後釜確保へ

エヴァートン、今夏のFWジルー獲得に本腰 ルカク放出で後釜確保へ

エヴァートンがジルー獲得に乗り出している [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 エヴァートンがアーセナルに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーの獲得を狙っている。9日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。

 エースストライカーであるベルギー代表FWロメル・ルカクをマンチェスター・Uへ放出したエヴァートン。報道では7500万ポンド(約110億円)の移籍金が同クラブに支払われるとされており、移籍市場における資金の使い道へ注目が集まっている。

 同紙によると、エヴァートンはルカクの後釜にジルー獲得を検討している模様。同選手を巡っては、他にもマルセイユやウェストハムなどが関心を寄せているが、資金力で勝る同クラブへの移籍が濃厚とみられている。

 エヴァートンのジルー獲得については、これまで数回にわたってその可能性が報じられてきた。また、同クラブはマンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーが復帰間近とされている。いずれにせよ、両選手の加入が実現すれば、ルカク放出の穴を埋めるに十分な補強と言えるはずだ。

関連記事(外部サイト)