浦和サポ2名がユニ&タオマフを投げ込む…ホームゲーム2試合の入場自粛を了承

浦和サポ2名がユニ&タオマフを投げ込む…ホームゲーム2試合の入場自粛を了承

浦和サポ違反行為で入場自粛

浦和サポ2名がユニ&タオマフを投げ込む…ホームゲーム2試合の入場自粛を了承

浦和サポーターによる違反行為が報告された [写真]=Getty Images for DAZN

 7月5日に等々力陸上競技場で開催された、2017明治安田生命J1リーグ第13節川崎フロンターレ対浦和レッズの一戦で、浦和サポーター2名による違反行為があったことが判明した。

 浦和のクラブ公式HPは「メインスタンドで観戦していた2名によって、フィールド上へレプリカユニフォームとタオルマフラーを投げ込む違反行為がありました」と報告。すでに2名は特定されており、「クラブとの対話で事実を認めて謝罪し、二度と違反行為をしないことを約束しました。また、クラブからの厳重注意に対して、当事者よりホームゲーム2試合の入場自粛の申し出がありクラブも了承しました」と発表した。

「当日、ご観戦をされたすべてのみなさま、運営主管である川崎フロンターレ様をはじめ多くの方々にご迷惑をお掛けしたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪のコメントを掲載している。

関連記事(外部サイト)